池袋に住もう! 池袋の不動産!

 様々なエンタメ小説の舞台ともなる街『池袋』。若者たちが集まるサンシャインや西武・パルコ等がある東口と、東武や丸井といったような少し高級な大人向けの店が立ち並ぶ西口。そんなおのおのの世代が楽しめる街、池袋に住みたい人は確かに沢山いらっしゃるかと思います。しかし、そこで気になってしまうのが、やはり「賃貸不動産の値段」かと思います。そこまで高くなく、それでいて交通の便が悪くない、更にはおしゃれな部屋に住みたい! といったようなワガママな願望があるかもしれません。このようなサイトにおいてはそんなワガママなあなたのためにピッタリな賃貸不動産の場所や、実際に舞台として用いた小説や作品、そして、素敵なお店等を紹介していきます! 始めての一人暮らしだけど、池袋に住みたいというあなたも是非こちらのサイトで賃貸不動産についても学んでいってくださいね!

何故池袋なのか?

 今、池袋に住みたいという人が増えてきています。東京都心で住みたい街ランキングで依然「吉祥寺」がナンバーワンを押さえる中、徐々に順位を伸ばしてきている町があります。それが池袋です。以前まではそれほど注目されていなかったのですが、ここ二年くらいで、町にヨーロッパの人も増えてきました。特にフランスの人も非常に大量にて、これに関しては日本のアニメが要因で、特にデュラララといったようなアニメ等で舞台となった街であることや、乙女ロードといったような女の人向けのオタクショップ街が生まれたことにも起因するかもしれません。とにかく非常に観光客が増えたことによって、必然的に治安の改善が行われ、今現在は旧態然としたイメージとはことなってかなり治安のいい街としても知られています。また、とにかく池袋は物価が安くなっているので、海外の人は勿論のこと、お金の無い若者にも非常に話題になってきているんです。家賃が駅に使いケースにおいても8万円程度であったり、少し離れたところで1kとなっていたりと2万そこらであるというのが池袋が最近話題になってきた訳の一つかもしれません。また、駅前まで向かえば大抵のものがそろい、劇場やシネマコンプレックスといったような娯楽施設も非常に大量にて、文化系男子や文化系女子に関しても外せない町になってきているのです。

 また、東急ハンズ等もあり非常に様々なものが揃うのですが、ハンズやロフトに関しても渋谷とは一線を画したラインナップになっておりまして、非常に個性的で面白い商品があったりします。これにかんしてはまず池袋でその奇抜な商品が売れるかを試してから別の駅の商店においても試しているからだそうですが、つまり、そうしたお店の最先端を手に入れたければ、池袋のロフトやハンズに行くしか無いということですね。

 また今現在女子オタクに人気の乙女ロードですが、腐女子の聖地とされ秋葉原と対極に位置しているほど今人気を博しております。斗くん日アニメイトやアニメポリス・ぺろといったようなアニメグッズを取り扱う商店だけではなく、サンシャインクリエイションやコミックレヴォリューションといったような同人誌即売会等のイベントも定期的に開かれているのが、このような池袋なのです。即売会に関しては必ずしも女の人向けで貼りませんが、アニメイトやその他商店に関しては比較的女の人オタク向けに特化した商品が非常に大量にて、コミックとらのあなに関しても池袋A店では男の人向けを、池袋B店では女の人向けを扱う等と、女の人オタクにうれしい街になっています。また、執事のコスプレをしてお出迎えしてくれる執事喫茶や、女の人店員が男装コスプレをして接客してくれる応じ喫茶やギャルソン喫茶といったような個性的な商店も多数あります。アニメやゲームのキャラクターがモチーフにされたそれらの商店では、癒やしをテーマにした商店や萌えをテーマにした商店等様々なものがあって、その店員とのコミュニケーションも一つの魅力として提示されています。近年はそうした情報を手軽にインターネットで手に入れられ、またそうした一風変わった商店とのコミュニケーションも取りやすくなっておりますので、興味が湧いてきたら調べてみたり、コンタクトをとってみるといいかもしれませんね。

池袋について

 池袋は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とした副都心です。東京都豊島区に属する区画の一つで、また豊島区における住所上の地名のひとつにもなっています。池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つで、池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店等が局在します。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人とも言われ、池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がありました。1日に約100万人の集客人員がありました。

西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がありました。

 池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道等の道路が集まる。

 池袋駅から少し離れると、立教大学(西池袋)、帝京平成大学(東池袋)、基盤文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、殆どの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園等の緑や文化財も大量に、池袋演芸場等の寄席や小劇場もありました。

駅や街の至る所にある「いけふくろう」像は、「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"フクロウ"を掛け合わせて考え出されたものです。特に、東口のものはJR発足時に設置されたものです。

池袋の地名の由来

 今の池袋駅西口のホテルメトロポリタン一帯(西池袋1丁目)に存在していた袋型の池が袋池(丸池)と呼ばれていて、それが地名の直接の由来となったとされています。  つまり「袋」は、谷(谷戸)等が袋状にえぐれた地形や(都内においては沼袋、横浜市中区の池袋等)、河川が袋のように曲流するところ(横浜市の鶴見川沿い等の、いくつかの「袋」がつく小字等)にたくさんあります。なお、丸池は縮小されたものの、今のホテルメトロポリタン北側に空池(からいけ)の状態で残っていたが、現在は完全に埋め立てられ、地名由来とされる池を偲んで、元の場所より少し北側の近接地に元池袋史跡公園が開設されました。 なお若い人の間で、「池袋」を俗に「ぶくろ」と呼ぶことがありました。

池袋の歴史

 古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、戦国時代の古文書である『小田原衆所領役帳』(永禄2年・1559年)には「太田新六郎 知行 三貫五百文 池袋」とあることから、中世にはすでに近隣の地名(長崎・雑司ヶ谷・巣鴨・高田等)と同じく確立していたと考えられます。明治に入り、1889年の町村制施行で、巣鴨村の大字となってます。

 しかし、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯です。ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業です。上野駅〜前橋駅間に鉄道を開業させていた私鉄の日本鉄道が、1885年に官営鉄道(新橋駅〜横浜駅)との接続を目的に、現在赤羽線・山手線(埼京線)となっている赤羽駅〜品川駅間の路線を開業させた。ですが、このような時には池袋の地に駅は設けられありませんでした。

 その後、1903年に田端駅への支線を建設することになった。このような時、当初は目白駅での分岐が想定されていたが、地形の問題で池袋を分岐点にすることになり、池袋駅の開設に至ったのです。ですが、駅の外に畑が広がっているという状況はなかなか変わらありませんでした。

 大正から昭和にかけ、東上鉄道(今の東武東上本線)や武蔵野鉄道(今の西武池袋線)等も池袋へ乗り入れるが、これらはどちらも当初繁華街とはいえなかった池袋は起点とせず、当時の繁華街であった神田・巣鴨(市電が1912年には乗り入れていた)への乗り入れを前提としていた。その過程において池袋は仮のターミナル駅として開設されたが、その後の事情でどちらも都心への延伸を断念し、結果として池袋起点となったものです。このような頃は、巣鴨のほかに、白木屋があり王子電気軌道(今の都電荒川線、1911年に開業)と山手線が交差していた大塚駅辺りが繁華街であって、池袋は豊島師範(東京学芸大学の母体のひとつ)や立教大学等、学校が置かれたことから文教地区となっていった。

 1933年に白木屋と京浜急行電鉄が共同で設置した京浜百貨店が1930年代に菊屋デパートの名で池袋駅に開店。そして東京市電(1943年に東京都電となる)が1939年に池袋駅前に乗り入れ、このような頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになります。菊屋は1940年に武蔵野鉄道(現西武鉄道)に買収され、武蔵野食糧を開設。武蔵野デパートを経て1949年に西武百貨店と改称した。

また東武百貨店が1962年に本店を開店して1964年に東横百貨店池袋店を買収し、1958年に開店した東京丸物池袋店は1968年に西武百貨店に買収されパルコになった。

新宿、渋谷と並ぶ副都心においてはあるがかつての闇市の本場だった事で比較的暗いイメージだったのですが乙女ロードにより女の人利用者が急増しファッションスポットも増加、高野之夫区長が文化事業や街の美化に取り組んだ結果、2013年の住みたい街ランキング3位になる程の人気スポットに変わりつつありました。 現在池袋と名の付く地区の大半は、一時期西巣鴨町に属していた。西巣鴨橋という橋が東池袋二丁目に現存します。サンシャインシティは巣鴨拘置所の跡地に立てられたものです。

池袋沿線で暮らそう! 池袋と賃貸不動産を知って今日から一人暮らし!